セフレを探す時の出会い系サイトの使い方

プロフィールは自分の顔だと思って書く

出会い系サイトに登録して一番最初にすることといえば「プロフィール」を作ること。
出会い系サイトはネット上のやりとりだからといって、適当に作ってしまう人がいますが、これはとても損をしています。

プロフィールを真剣に作っている人が少ない中で、上から下までびっしりと書かれたプロフィールを見れば、何となくその人が見えてくるような、親近感を与えることができるのです。

名前を呼びやすいものにしたり、趣味や好きなものはなるべく明るい印象を与えるように書くなど、プロフィールは第一印象と同じようなものなので大切に考えなければなりません。

セフレ探しは掲示板への書き込みから始まる

新しく入会したりプロフィールを書いたりすると、新着として公開されるサイトもありますが、それだけではアピールが足りません。セフレというのはお互いが早くセックスをしたい!と思っている人たちですが、それ以前に「本当に体を許して大丈夫な人なのだろうか」「性癖が違ったら・・・」と心配に思っている人も多いです。

その心配を取り除いてくれるのが「掲示板」への書き込みです。
自分がどのようなセフレを望んでいるか、どんな性癖を持っているかという情報を、人目につく掲示板に書き込むことによって、短期間で効率よく、自分にぴったりのセフレ探しが簡単になります。

面倒でもメールを欠かさないことがセフレ獲得への道

出会い系サイトを使う人のほとんどが、社会人だと思います。セフレが欲しいと思っていても、暇ではないし毎日のようにメールすることは難しい・・・と諦めている人も多いでしょう。

しかし、そのちょっとした「面倒臭さ」を我慢すれば、今まで出会えなかったような相手とも距離が縮まることになります。セフレを探している人というのは、少し連絡が途絶えると「あ、他の相手を見つけたのかな?」と急に冷めて返事をくれなくなることがあります。それではせっかく今まで築き上げてきた信頼関係も水の泡です。

多少面倒臭くても、1日1回のメールを続けることで、セフレ獲得への近道になるのです。

セフレとのメールで話題に困ったとき

セフレとして出会う前提でメールをしていると、ふと話題が尽きることがあります。
しかし話題がなくなったからといって「じゃあ会いましょう」という訳にもいかないですよね。

話題作りに困ったときは、「メールH、チャットH」がおすすめです。
これらはメールやチャットを通じてHな言葉を掛け合い、それぞれがオナニーなどをして楽しむことですが、実際に出会うときにも役立つメール方法です。

メールHを通じて、相手がどんな言葉に弱いのか?SなのかMなのかなど、セックスに関する様々な情報が得られます。ついでにオナニーのオカズになるのであれば一石二鳥です。セフレを探す2人だからこその、メールの楽しみ方です。

もし返事が来なかったときの対処法

出会い系サイトは、メールを送ったからといって必ずしもメールが来るとは限りません。
メールの内容が悪い場合はもちろん、内容がよくても状況次第で返事が来ない場合があります。

1回目のメールが読まれていない可能性もあるので、2回目のメールは送って良いでしょう。ただしそれでも返事が来なかった場合は、早めに次の相手を見つけたほうが良いです。
しつこく連絡をしても成果は少ないですし、何よりセフレ探しはカップル成立までの時間が早いので、すぐに次の相手を探してアプローチしたほうが効率が良いからです。