割り切り出会いの時、相手を誘うメール

割り切り出会いを成功させるメールとは

割り切りで出会う場合でも、やはり他人同士が肌と肌を触れ合うわけですから、ある程度の信頼関係は大切です。

割り切りだからメールなんてどうでもいい、面倒だと考えている人ほど、それがメールの文章なり態度なりに反映され、結果出会いが少なくなってしまうということに繋がってきます。
割り切り相手を探しているのは、あくまでセックスがしたい人であって早く会いたい人ではありません。

大切なのは「メールでどれだけ相手の心を掴めるか」です。メールは単なる出会うための道具ではなく、双方の思いを伝えるツールなのです。

相手に興味を持つことが割り切りへの近道

割り切りとして相手と出会う場合、直接は関係ないことでもどんどん質問してみましょう。
かといって深いところまで質問しすぎるのもよくありませんが、そこはあなた自身の力量です。何も聞かずにセックスへ誘うよりも、自分に興味を持ってくれているんだという感じがして、相手も嬉しい気持ちになるはずです。

5回中2~3回程度「~?」と疑問形で返事をするくらいが丁度いいと思います。メールテクニックというのは、何も相手を惹きつける文才などなくてもいいのです。相手を思いやって、相手に興味を持つこと。
気になる相手から興味を持たれて、嬉しくない人はいませんよね。

ほどよい「タメ口」で親近感を増す

出会い系サイトに入会しているのは大人の男女。しっかりとした文章でメールを送らなければ、と思ってついお堅い文章になっていませんか?しっかりとした真面目な文章も高評価ですが、それに少し「タメ口」アレンジを加えることで親近感も出てとても深みのある文章になります。例えばこの文章。

「私はここ10年間セックスレス状態です。」
「私はここ10年くらいかな?セックスレス状態なんです。」

どちらのほうが親近感が湧きますか?個人的には後半のほうが、心を開いて本当のことを話してくれているように聞こえます。このように、失礼なタメ口ではなく自然に出る語りかけるようなタメ口は、反対に良い印象を与えてくれます。

タイミングよく割り切りに持ち込む

割り切り前提でメールをしていると、いつお誘いのメールを作ったらいいのかタイミングを掴み損ねることもあります。
早すぎても引かれるし、遅すぎてもピークは過ぎているし、いずれにせよその効果は半減してしまいます。目安として分かりやすいのが「期間」です。

自分で3週間なら3週間と期間を決めておくことで、3週間後に出会うにはどういう話の持っていき方をすればいいのか目に見えてきます。メール代の使い過ぎも避けられますし一石二鳥です。
ちなみに割り切りで出会っている人の平均的な期間は2~4週間。ある程度のメール期間は大事だということですね。