不倫相手を探す時の出会い系サイトの使い方

不倫相手探しは恋人探しのように丁寧に

不倫は、セックスだけではなく恋愛が関係している場合も多く、セフレを探すというよりは「恋人探し」に近い部分もあるのではないかと思います。
体の相性だけでなく性格を含めたあらゆる相性が合わなければ、不倫として成立しません。

セックスありきの恋愛ですから、外見の好みや性癖を語るのも悪くありません。しかしできれば「誠実さ」を全面に出した方が、相手に優しいイメージを与えることが出来ます。
この人に会ってみたい、と思われる人になるには、安心感や誠実さが一番です。

不倫できそうな相手でもすぐに誘わない

会う話をしないって、どういうこと?と思われる方も多いと思いますが、出会い系サイトなのですから出会う話はしなければなりません。ではどういうことかというと、焦って早い段階で「会おう」と言ってはいけない、ということです。

不倫は恋愛と非常に似ています。まだ少ししかメールをしていない相手に「今週会おうよ!」と言われたら、何だか怪しい・・・と思ってしまうでしょう。本物の会員なのにサクラと疑われたり、誰にでもこんなことをいう軽い人なんだと勘違いされたり、出会いを焦れば何も良いことはありません。

メールをしていればいずれ会う話になると思いますが、まだちゃんとお互いのことも分かっていないうちに会う話を始めるのは極力避けましょう。

不倫できそうな相手は複数キープ

メール期間を経た後、実際に出会って付き合い始めたら正式に不倫となりますが、特定の相手ができるまでは色々な相手にアタックするといいでしょう。

メールや出会っただけの段階ではまだ付き合ってもいないのですから、何人とメールしようが出会おうが自由です。一人と上手くいきそうだからといって、その一人とだけ関係を深めても、いざ会ってみて相性が悪かったらまた次を探さなくてはなりません。

そんなとき同時進行をしていれば、1人に振られてもすぐ次の相手との約束が取り付けられます。不倫を望んでいそうな相手がいたらとりあえずキープ!これが賢い不倫出会いの知恵です。